求人募集で騙されないための注意喚起内容

広告

人は、日々生活している中で良いこともあれば悪いこと嫌なことも沢山あります。

そんな中で最近、あった私ごとの騙された話です。

元々、人からの話を信じやすいタイプな私です。

皆さんももしかしたら同じ様な体験をされた事があるかもしれません。

今回の話は、【求人募集】について騙された話です。

去年から営業、営業事務、現場の軽作業員と数種類の職種の募集をハローワークでかけていました。残念ながら今年の2月くらいまでは、結論から言うと中々、人の応募も少ない状況でした。

この様な中で求人募集の掲載をしませんかという勧誘は、月に数十回電話がかかってきたりあるいは、メール、FAXで案内があります。

人の採用に関しては、費用をかけたからと言って必ずしも良い人材を得られるとは限らずこれは、いわゆる縁のものかなあと私自身は、思っています。

そんな矢先に新型コロナウィルスが蔓延しだした関係からかこの時期に良い人材を確保できるということで求人募集広告の勧誘がやたら多かったです。

普段ならば甘い勧誘には耳を貸さないのですがうまい話に乗せられました。

その手口が、ハローワークの募集を見ました。この内容をそのまま我が社のインターネットによる人材募集欄に掲載しませんか。

一切費用はかかりません。ただし、掲載後3週間のちにアンケートにお答えください。アンケートに答えるだけでインターネット上の広告掲載料は無料になりますという手口です。今回、同時期に同じ様に東京新宿のインターネット求人サイトの会社にやられました。

日々忙しくしている中で、こちらが費用をお支払いしてまでもの求人募集案件でなかったため3週間後のアンケートのことなど忘れてうっかり期日が過ぎてしまいました。

そうすると1回月後くらいにしれっと求人募集の掲載に対しての請求書が届くのです。

求人募集をインターネットの掲載でしましたという案内もなくまたその掲載された記事を見ることもなく気に留めない状況でただただ一応アンケートに答えると約束したその日が過ぎてこちらが忘れてしまっていると予告もなく請求書だけが届き支払いの催促がやってくるという手口です。

請求額も1口150,000円プラス消費税くらいの金額です。この金額が微妙で言い争っっても面倒だし、弁護士を依頼するほどの時間や費用をかけてする様なことでも無いという絶妙の落とし所を狙われた様な頃合いなんです。

今日のまいどあり

「ただほど怖いものはない」は格言であり真理です。うっかり心の隙を狙われて騙されて泣き寝入りする羽目になります。人の会社の求人を公的機関でもないのに民間で慈善事業の様に支援してくれる会社などありません。結局、嫌な思いをして無駄なお金を使う羽目になります。初めからうまい話には乗らないことです。

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)