マウロ・イウラート リサイタルVol.3in兵庫県立芸術文化センター

広告

マウロ・イウラート リサイタルVol.3に
行ってきました

ヴァイオリンとピアノの演奏でした
マウロ・イウラートさんはイタリア人で
ハルモニアKOBEヴァイオリンスクール代表で
妻と長女のヴァイオリンの先生でもあります

イタリア人独特の情感溢れる表現力で
観客を魅了してくれます
今までに何回もマウロさんのコンサートには
足を運んでいます

そして今回は秘曲見参ということで
ピアノ沼光絵理佳さんとの演奏でした

演目は

G.プニュー二:ラルゴ・エスプレッシーヴォ
ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ3番作品8の第1楽章

R.シューマン:
無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータより第2番
J.S.バッハ:
ニ短調 BWV1004「シャコンヌ」
ピアノ伴奏付きのシャコンヌ

K.シマノフスキー:
パガニーニの3つのカプリース
作品40 第20番、第21番、第24番
ドイツとフランスとロシアの伝統音楽の要素を融合した・・・
おとぎ話のような部分から突如エネルギーが爆発する様相
重音で編曲され、より強調された超絶技巧のフィナーレ

こちらの演奏は、音楽に疎い私にも迫力のある音色でした

休憩を挟んで
ピアノ沼光絵理佳さんの演奏でした

L.C.ダカン:かっこう
C.ドビュッシー:ベルガマスク組曲 第3曲「月の光」

この後マウロさんの演奏で

G.フォーレ:ヴァイオリンソナタ第1番Op.13イ長調第1〜4楽章

これが演目の内容でその後
サービス精神旺盛なマウロさんは
何曲もアンコール曲を奏でてくれました

初めてでかなりチャレンジングな演奏で
興味深く今後の演奏のあり方にも
影響しそうな内容でした

ということで私的には
かなりアカデミックで高尚なコンサートでした
やはりマウロ門下一同の関係者の方々で
会場は、ほぼ満席の公演でした

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします