アップサイクルする紙を見て改めてその可能性を感じる

広告

先日、東京出張の時に感じたことです
展示販売されている商品を見て
紙の可能性を再認識いたしました

訪問した先は、スタジオぺぺさんです
福祉施設内にある工房です
ここでは通常廃棄される米や小麦の袋を
一枚の紙にし、柿渋を塗り
新たに生まれ変わった紙に
デザインをプラスして
オリジナル製品を全て手作業で作っています
(スタジオぺぺさん工房の説明より引用)

説明の通り廃棄されるような素材を
見事に再生加工しデザインを施し
素敵な作品にされていました

元々の紙の素材は
小麦の袋が多いようで
日清製粉さんとかの印刷で
会社のロゴなどが入っていて
思わずプッと吹き出しそうになります

表のスペースが喫茶コーナーに
商品展示でした
そして二階にはミーティングングのできる
人工芝が貼ってある空間があります

どれもこれも自分たちの手作りだそうです

少し離れた別の場所に
これらの作品を作る工房があり
そちらでの作業も見せていただきました

とても丁寧な仕事をされていました

こうやって廃棄される小麦粉の袋を
伸ばして柿渋などを塗って
綺麗に縫製をする

それがまたなんとも言えず
作品として蘇る

我々が、今回依頼する商品は
廃材を利用するわけではないのですが

これまた新しく形を変えて
魅力的な商品になります
乞うご期待ですね

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)