無くしたスマホ(iPhone )を探す方法

広告

最近、健忘症が激しく、失念してしまうことが多いです

出来事ややらなければいけないことを忘れることもそうですが
物つまり物体を紛失することも加齢とともに多くなってきました

でも、スマホは無くしても見つける方法を二つ見つけました

1.iphoneのiCloudでiphoneを探せ機能で居場所を見つける
2.Google Mapでいきたい検索をするとその現在地はスマホの居場所である

1はiphoneの機能で音をならしたりネット上で地図をみて探すの方法です

この方法は、去年、六甲山を登った時に雨ヶ峠という場所でスマホを無くしました
とは言ってもその時に無くした場所がわからなくて探しきれなかったのですが
家に帰ってiphoneを探せのiCloud機能を使って居場所を突き止めました
その後ネットで検索し続けると拾われてそのスマホが移動する場所まで
探すことができたのには感心しました
ありがたい反面、恐ろしい機能だと感じたものです

結局、朝になって音を鳴らす機能を使って自分の電話に電話したところ
その拾ってくださった方と連絡が取れて無事ことなきを得ました

2.のパターンは、実は、同じiphoneなのですがiCloudのパスワードを
失念してしまい途方にくれたパターンです
パスワードを何回も入れ直したのですが、結局パスワードを見つけきれず
困惑していました

GOOGLEで何気なく明日行く場所への時間検索と行き方を調べていたら
なんと現在地が自宅でないことに気づきました

そして場所を特定して行くと紛失した場所であろうところに行き着きました
たまたまお店であったために電話をして連絡がつき遺失物で
見つけることができました
この機能はGOOGLEさんに感謝でした

私の場合だけかもしれませんがこの様な方法で
無くして再購入しなければならなかったかもしれないスマホが無事に帰ってきました
それ以前にスマホの様な個人情報満載の情報端末を2度も無くしてしまったことに
大反省しています

しかし、良くも悪くも現在の情報社会は飛んでもなく技術な進んでいます
デジタルデバイドの差は大きいですね

ちなみにスマホ紛失の場所は、有馬の「金の湯」でした
金の湯の皆さま有難うございます お世話になりました

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)