京都嵐山にある大河内山荘は心地の良い静寂の地です。

京都嵐山での見どころは数々あるが大河内山荘へ訪れた人はあまり多くないのではないだろうか。それというのもお正月に大勢の人出があるにもかかわらずこちらへ訪れる人をあまり見ることがありませんでした。

そこで是非、機会があれば訪れる価値がある庭園として紹介したい。

そもそもこの庭園を作った昭和の無声映画時代の大俳優大河内傳次郎さんを知る人は少ないのではないでしょうか。昭和初期の娯楽映画として有名な丹下左膳が有名な作品です。

▼こちらは、大河内傳次郎の歴史を綴るギャラリーです。迫力のある写真と映像が展示されています。

こちらの山荘は、昭和6年に始まり30年という長い年月をかけて丹精込めて作られた庭園で建造物は寝殿造、書院造、数寄屋造とこだわりの造りです。周りのロケーションっも東は、嵐山・西は、保津峡そして遠くには比叡山という立地の小倉山に建てられた。登録有形文化財に指定された建物を有した美しい庭園です。

庭園の中には桜に松に楓など季節を彩る木々が配置され手入れがされている。中には、写経ができるスペースもあり心落ち着ける時間を過ごすことができる様になっている。

中でもお楽しみは、休憩所で入場料金¥1,000に対して抹茶とお菓子が付いているんです。休憩所でも庭園の中の席でも心ゆくまで過ごすことができます。

広告

今日のまいどあり⤴️

昭和の大スターが私財を投じての造られた名園は、そこに佇むと嵐山渡月橋界隈の賑やかさとは相反した静寂の世界があり。なんとも心落ち着く空間でした。この建物を建てた大河内傳次郎さんも忙しく撮影の時間を過ごす中、ひと時の自分だけの時間をこちらで過ごしたかったのではなかろうかと感じました。気持ちも身体もリセットされる素敵な空間でした。

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

購入はこちら

水に濡らしても紙が破れないメモを

広告

この記事を書いた人

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)