六甲山ログ12回(2019年度)414回(通算) 芦屋→六甲最高峰→奥池

広告

天気:晴れ 気温:5度
春の日差しサンサンの穏やかな1日でした

9:09 自宅スタート

先週までの土曜日の人出とは
明らかに今日は違った
それほど人が多かったということです

9:52 高座の滝 10:00
10:24 風吹岩 

10:30 横池 10:34
横池はこんな雰囲気です


11:04 雨ヶ峠

11:53 六甲山山頂 12:03

今日の山頂は、お天気が良く
眠気と食欲を誘うようです(笑)

山頂からの眺めは春霞そのものです

山頂下の一軒茶屋の前の空き地が
先日より工事のため立ち入り禁止に
なっています

何か新たにカフェでもできれば
こちらのルートの登山客は六甲山系の中でも
とても多くかなりのお客様を望めそうですが
いかがでしょうか

今日の山行では結構汗をかきました
しかし、寒さもなく汗を掻く尻から乾くので

はじめに考えていた有馬ルートはやめて
折り返し途中まで戻り東おたふく山方面へ
コース変更をしました

12:40 分岐点から土樋割方面へ

こちらから少し登ると舗装された道です

しばらく歩くと芦有バスの
東おたふく山登山口にきます

13:04 東おたふく山登山口

こちらのバス停には30分おきに
阪急芦屋川駅行きのバスが通ります

着いてバスの運行時間を見ると
2分前に出たばっかり
そこで次の芦有道路のゲートまで
歩くことにしました

途中までいって気がついたのですが
この芦有道路は人・自転車通行止の
自動車専用道路でした
ここは目をつぶってもらい

13:22 芦有ゲート

トイレもあります
ここからは人も歩けます
ひたすら降りていって 
こちらから自宅までは約1時間でした

14:30 自宅到着

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします