自然体のバレンタインデーの日に食べるレモンピールチョコとパウンドケーキ

広告

2月14日は、言わずと知れたバレンタインデーです。

 学生時代は、女の子からバレンタインデーにチョコレートをもらえるか、もらえないのかに一喜一憂していました。そんな遠い日の記憶を懐かしく思う今日この頃です。それもこれももう50年以上も前の遠い記憶です。

当時は、休み時間に校庭で過ごし授業の時間に帰ってくるとそっと机の中にチョコレートが入っていないかと手探りで入ってもいない引き出しの中を探した物です。(笑)今思えば、遠い妄想と身近な現実を行ったり来たりしていた淡い思い出です。

あれから50年以上も日が経つとチョコレートを貰うもらわないなんてどうでも良いことになってしまった日常がここにあります。

 そんなこんなで迎えた今年のバレンタインデーは、仕入れの業者様から毎年頂く有難いチョコレートひとつ(感謝)

そして、自宅に帰ってみるとどういう訳だか?妻が友達に分けてもらったレモンでレモンピールを作っていました。

 ▲こんな具合です。何やらレモンピールを作れるのはこの無農薬のレモンが収穫できる時期だけとのことです。
この炊きつめたレモンが冷える頃に今度は、チョコレートを塗ります。それが、この様になります。

ホワイトチョコレートを付けたものとブラックチョコレートを付けたものを味見して作った妻にひとしきりのコメントを伝えます。こんな今年のバレンタインデーでした。

翌日、娘が作ったパウンドケーキをドリップしたコーヒーと一緒に味わう土曜日の朝
これが、還暦を過ぎた自然体のおっさんのバレンタインデーです。

今日のまいどあり

年齢は、人の感度を鈍らせる。というか世間がチョコレートで賑わっている様にあまり興味がなくなった。つまり、チョコレートを貰うもらわないで心躍らせる関心がなくなったのでしょう。バレンタインデーだからとかホワイトデーだからとかの関心よりも毎日をワクワク生き生きの今日一日でありたい様に思う。

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)