休日はリフレッシュしに山へ行こう

広告

2017/10に入って初めての六甲山、山歩きです
雨上がりの山行に期待するのは澄み切った空気の中見える景色です

今日は期待通りの景色でした
遠く大阪湾越しの奈良・和歌山方面の山が雲の上に頭を見せていました

私がこよなく愛しいつも登る六甲山は
神戸市の西端〜芦屋〜西宮〜宝塚に至る横に長い山岳地帯です

その中でも、一番メジャーとされるのが芦屋から六甲最高峰への
ルートで山頂からピストンできた道を戻るもよし
山頂から更に北へ抜けて有馬温泉経由でバス・電車を使うもよし

私の場合は、自宅が夙川(西宮市)で歩いて自宅から芦屋の登山口
高座の滝までは約40分の道のり

こちらから約30分ほど急な岩場を登ると風吹岩(447m)へと着ます

こんなイノシシにも結構頻繁に会うことができます

こちらは横池と言い風吹岩からは5分程度で分岐点があり
メインルートから左100mほど行くと綺麗な池にたどり着きます

余りこの池を見に行く人は少ないのですが
春GWの頃にはおたまじゃくしがうじゃうじゃと湧いて出て着ます
そして夏になると蓮の花が咲き乱れとても美しいのですよ

こちらから更に20分ほど行くと芦屋カントリークラブゴルフ場の敷地を
通り向けますその時に途中に柵があり行き止まりと間違えたり
する人がいますので要注意です

ここから湿地帯を抜け急な登り道を登り切ると雨ヶ峠(600m)

雨ヶ峠からは一旦下りでダムを超えたら七曲りです
その後は約50分だらだらとした上り坂です

途中こんな標識を見ながら山頂へ

一軒茶屋という茶屋から更に登ること5分でようやく六甲最高峰(931m)

私は、ほぼこの後は有馬への下り道を1時間かけて歩きます
途中こんな休憩所もあり冬の寒い時期はこちらでお湯を沸かし
ドリップコーヒーを楽しんだりとゆっくりした時間が流れます

一路有馬温泉で汗を流して

あとは下山のバスの時間を見て温泉&チョイ飲みを楽しみます

休日は、良い汗をかいて山の空気をいっぱい吸ってリフレッシュ
頭の中を空っぽにし体の老廃物を吐き出し
次の1週間の準備をします

ここ最近は、このルーティーンがしっかりできるようになり
自分の機嫌は、自分で取れるようになりました

皆さんは、自分の機嫌を自分で調整する方法をお持ちですか?
 

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)