六甲山ログ26回(2021年)526回(通算)有馬うろうろ&六甲山行

天気:晴れ 気温:26℃

11:05 自宅を車でスタート

実は、金曜日の夜中に右足のふくらはぎがつってその後に痛みがあり今週末は、休息の週末になっています。

夜中にベッドで背伸びしたところ急に足がつり地獄のような苦しみでした。ここ最近は、寝ていて夜中に足をつる事が多くどうしたものかと困っています。

というわけで土曜日は、用心して休息日にしました。しかし、一向に快方に向かう様子はなく日曜日の今日痺れを切らして軽いリハビリのために有馬からの山行です。

11:45 有馬

有馬から登るときの駐車場は、ロープウェイの駐車場が良いのですが今日のように遅い時間に行くと満車のことが多く今回は別の駐車場を探したところ良い駐車場を発見しました。森駐車場です。1日1回¥600です。ロープウェイの駐車場は確か¥650ですから最安値の駐車場を見つけました。

広告

そしてすぐに登るのではなく、有馬温泉街のコロナ延長時の様子を見るべくパトロールしてきました。

OPENしいているお店と閉まっているお店の割合は半々でしょうか有馬温泉の銀泉は空いていました。

コロナ疲れてしょうか、人もそこそこ多いように感じました。

目新しいところでは、喫煙所が開設されていました。

11:45 登山口

有馬稲荷側からの山頂を目指しました。実は、こちらからの山頂へのルートは、下で利用することはあれ上りで利用するのは、初めてでした。

12:45 中間地点

広告

こちらでは、バーナーで調理しながらランチを楽しむ方がいらしゃいました。さぞかし、美味しかったでしょうね。

13:32 六甲山最高峰

視界良好でした。下界がとてもこの時期にしては綺麗に見えました。

14:55 有馬

15:25 自宅到着

今日のまいどあり⤴️

春の新緑から夏の深緑への過渡期で風薫る時期に木々の緑は潤いに満ちた柔らかな新芽が生え揃い、陽光を浴びて広がる新芽が初々しかったです。

吹く風の清々しく瑞々しい命の芽吹きは心地よい季節のリレーを感じさせてくれるものでした。心地よい昼下がりでした。

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

購入はこちら

水に濡らしても紙が破れないメモを

広告

この記事を書いた人

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)