六甲山ログ43回(2021年)543回(通算)芦屋〜西おたふく山〜六甲山最高峰〜有馬

天気:晴れ 気温:27℃

今週は、連続ではありませんが3回目の六甲山でした。シルバーウィークを楽しんでますね。それぞれコースが違います。1回目は、岡本から保久良神社経由の有馬まで2回目は、いつもの芦屋川から六甲山最高峰経由有馬でした。そして、今回は、

10:56 自宅スタート

芦屋川開森橋

11:46 高座の滝

昼前になってしまって滝の前には、人が少なかったです。

照りつける太陽の暑さをジリジリと感じながらのロックガーデンは、この時期には珍しく石が焼けていました。

ロックガーデン

風吹岩に行くまでには鉄塔が3本あります。下の写真は、2本目の鉄塔から荒地山を望んだ景色です。

広告

岩がゴロゴロした山です。

12:30 風吹岩

昼時タイムとあってこちらでランンチをしている人が沢山いました。

12:36 横池

横池 

13:20 雨ヶ峠

今回は、こちらの雨ヶ峠を超えて本庄橋に行くまでに左にコースを取り一旦住吉方面へと下ってから西おたふく山を目指しました。

途中ですれ違う人も少なく少し不安になる道中でしたがしっかりと道標があり迷わず山頂方向へと歩くことができました。

眺望はまずますでした

山頂のエリアは、ススキの穂が太陽に映えて美しかったです。

広告

15:27 六甲最高峰

今日も飛ばないキャタップの帽子を着用して登りました。これで5回目です。

16:55 有馬

17:09 さくらやまなみバスで下山

今日のまいどあり⤴️

今日は、3日間ファスティングの中日で絶食日でした。自宅でコロコロいるとついつい食べ物に手が出るので食べれない環境に無理やり持って行く荒技でした。終わってみるとそんな中でもできた山行に満足感がありました。

六甲山は、私にとって日常に最も近いミニトリップでいつも元氣をいただく場なんですね。

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

購入はこちら

水に濡らしても紙が破れないメモを

広告

この記事を書いた人

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)