オープンカフェが心地よい山のパン屋さん

西宮市山口町にある白水峡墓地へお彼岸なので妻と二人で行ってきました。

お昼時ということで家族で墓参りに行く折に定番は「すじかま」と言ううどん屋さんです。しかしこの日は、あろうことか店内は満席で表にある待合の椅子まで満席と超混雑です。店内に入って注文をしてからうどんが出てくるまでが長いのを知っていてこれは待てないと急遽、予定変更しました。

その変更先が、こちら同じ地区にある「山のパン屋」さんです。

こちらは、青空のテーブル席です。お彼岸も過ぎると日差しも少し柔らかくなり青空の下のテーブル席も快適です。何よりソーシャルディスタンスが確保できますからね。

タイミングよくインナーテラス席で食事をすることができました。丁度向かいのテーブル席のご夫婦は、飼い犬と一緒での食事の様でした。開放的なスペースでの気を使わない食事は、快適ですね。

そして、パンは、こだわりの自家製小麦の栽培によるものだそうです。

今回いただいたのは、ほうれん草入りチーズパンとゴルゴンゾーラチーズと蜂蜜のフランスパン風の2種類です。

広告

中は、もちっと表面はカリッと歯応えのある食感のパンでした。ほうれん草の方は、中身はとろり表面のチーズは、溢れるほどふんだんにかけてあり周りの焦げたところがまたたまらなく美味しいのです。

パンを販売するスペースは、狭くイートコーナーはインナーテラスか青空のオープンスペースだけです。今の季節が丁度良いのですが、冬場も趣のある暖炉があり寒い時期のキーンと張り詰めた空気の中でいただくコーヒーもまた良いのでしょう。

駐車場には、車が10台ほどの止めるスペースがあり休日はこちらの道を通る車客も数う多いです。

我々が出る頃には、長蛇の列でした。

今日のまいどあり⤴️

いつものうどん屋さんがいっぱいのことろ偶然にも山のパン屋さんは、タイミングよく空いていました。

おかげで混んだ店内よりも気持ちの良いインナーテラスでのランチとなりました。最近は、中々こちらも人気の様でした。

オープンスペースで頂くパンは、そういえば千葉にある超人気店のピーターパンさんも屋外でパンをいただくスペースがありましたね。

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

購入はこちら

水に濡らしても紙が破れないメモを

広告

この記事を書いた人

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)