生きるとは

広告

「生きるとは」 芳村思風先生の言葉を書いた額装が
届きました

サントアンの塚口裕子さんの作品です

人間において生きるとは
ただ単に生き永らえる事ではない
人間において生きるとは
何のためにこの命を使うか
この命をどう生かすかということである

命を生かすとは
何かに命をかけるということである
だから生きるとは命をかけるという事だ
命の最高のよろこびは
命をかけても惜しくない程の対象と出会うことにある
その時のこそ
命は最も充実した生のよろこびを味わい
激しくも美しく燃え上がるのである

君は何に命をかけるのか
君は何のためなら死ぬことができるか

この問に答えることが
生きるということであり
この問に答えることが、人生である

この言葉を読むと自ずと
自分の生き方を内観する機会に恵まれる
生きる問いを持てることに感謝します

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)