段ボールの反対は「ボルダー」

皆さんこの写真を見てどのように思うでしょうか?

この写真の商品、実は硬質の段ボールで出来ているんです。
我が社で段ボールと言えば商品を発送するときに使う箱を
イメージすると思います。

 しかし、この2つの写真いずれも段ボールで出来ているんです。
この作品を作っている会社は、我が社が昨年選定された
2014成長期待企業の仲間で丸一興行というヤンマーなどの機械を
海外へ輸出する際に梱包する会社の別事業部の「ボルダー」さんです。

元々は、輸出用の梱包専門で木材などを使って船舶に積み込用の
木箱を作っていました。製造メーカーである輸出産業も国内で
やる事よりも海外へ出て行く事が多く需要がこの先見込めない
中で自社の強みを活かす事から数年前に硬質段ボールを使った
デザイン事業を展開したそうです。

木製の堅い輸出用の箱を梱包する商品に逢わせて箱を作るのですが
その技術をデザイン性の有る物に替えて駆使したのが上記の商品です。

何のビジネスでもそうですが、これだけ物の溢れている時代に
新しい価値を作るのは簡単な話では有りません。
我々零細企業の成長戦略は、従来有る物を新しい切り口で
意味付けし新たな価値として提案する事!

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

購入はこちら

水に濡らしても紙が破れないメモを

広告

この記事を書いた人

Avatar photo

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)