封筒作りのプロ株式会社羽車さんに行って紙のことを色々と学んできました

広告

大阪府堺市に本社のある関西有数の封筒の会社
株式会社羽車さんへ行って紙のことを学んできました

弊社は、クリーニングタッグを作る業界を特化した
ニッチなクリーニングタッグ専門メーカーです

そのタッグメーカーが5年くらい前から東京にある
HI MOJIMOJIさんという文具デザインユニットさんと
コラボして耐洗紙を使ったメモ帳や
ギフトにつけるラッピングタイを作り世に出しています

昨今、この洗えるほど丈夫な紙の耐洗紙を使って
色々な商品の開発を進めています

そんな中の一つに封筒を作る企画があります
しかし、クリーニングのタッグを作ることや
文具のメモ帳を作ることについては経験してきました

新しいジャンルにと挑戦するということは
全て一からの学びが必要のなります

今回も封筒作りの経験がなく羽車さんへ訪問して
色々と学ばせていただきました

流石に100年の歴史のある立派な会社です
玄関のエントランスから趣があります

大正7年(1918年)杉浦封筒工業所を創業
スタートした封筒作りの会社です

▼本社工場の入り口にある封筒のオブジェ

日本の情報化時代を支えてきた会社です
古くは、事務用の封筒から最近では
想いを形におしゃれな手紙文化を提案する
ウイングド・ウィールという文化・デザイン発信の
フラッグシップ店舗を東京表参道と
大阪心斎橋に構えています

そしてこだわりは羽車(ハグルマ)オリジナル紙素材の
開発が本格的に始動するなど特筆すべきものがあります

▼本社入り口にある最近新しくしたロゴデザイン

今回訪問時に弊社の取り扱いする耐洗紙を封筒に
できないかという依頼に封筒用の紙まで作った
こだわりがなぜ存在するかにまで微に入り細に入り
紙の加工について紙の硬さや大きさ機械で作る方法
手作業で作る方法などとても親切に教えていただきました

封筒の印刷・型抜きそしてオリや糊付けなど
紙の硬さや紙繊維の折りやすい向き
糊をした時の紙の反発性による開きなど
やはりその道のプロから教わる内容は奥が深い

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします