総本家更科堀井麻布十番は、創業200年の歴史

広告

SNSから総本家更科堀井の情報を見つつ
麻布十番まで足を伸ばしました

SNSへの自分の投縁からか
ビックデーターを活用して人工知能が
必要な情報をスマホやパソコンへ出してくるのか

最近、この総本家更科堀井の情報を
よく目にします
それだけ画面に出されると
脳にインプットされているのか
行ってみたくなるものです

実際にお昼ご飯に品川から都営バスで
麻布十番に行ってこのお店に行って来ました

するとマンションの1階にある
間口の広いお店でした

休日とは言え、お昼時に行ったこともあり
大変お店は、繁盛してお客様が並んでいました

店内は、カウンター席とテーブル席
そして座敷席の3タイプです

店内に入り並んで待つこと10分で
カウンターに案内されました

メニューを見ると4月限定の深川蕎麦なる
しじみの入ったお蕎麦でそれを食べようと
思って来たのですが実際にオーダーしたのは
鴨せいろでした

濃厚なタレに厚切りの鴨に太ネギが入り
ゆずの香り付が入りとても香ばしいです
蕎麦は、もりの大盛りにしました

ちょっとパンチをつけるのに
山椒をお願いしました

次から次へ入ってくりお客様は
蕎麦通の方が多く種類の違う蕎麦を
オーダーして食べていました

例えば名物の白いさらしなそばと
少し色の黒いもりそばの組み合わせとかを
頼まれるお客様が多かったです

寛政元年(一七八九年)、そば打ち上手として
知られた信州の反物商、布屋太兵衛は、
領主 保科兵部少輔の助言で、
そば屋に転向。

麻布永坂高稲荷下に「信州更科蕎麦処」を
開店いたしました。
明治八年(一八七五年)、名字必称の令により、
先業にちなんだ屋号「布屋」改め「堀井」を名のり、
五代目より堀井太兵衛として
伝統の更科そばを今日に伝えております。
     (更科堀井ホームページより)

このように歴史のある老舗が集う
東都のれん会に所属し
100年以上の歴史をつむぐお店として
今なお人気のお店として愛されています

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)