VOLVOカー神戸で車の未来について聞いてみました

広告

VOLVOカー神戸にメンテナンス点検に
少しのぞいてきました

近未来的でおしゃれなお店です
定期点検が近いのですが
事前にサクッとみてもらって

気になる部分がありました
前回の車検で走行距離が80,000kmを
超えたということでエンジン部分の
タイミングベルトを交換しています

にも関わらずタイミングベルトの
交換が予告されました

そこで再度確認のために
ディーラーへ行ったのです

結論から言うと誤診で
今回の点検ではタイミングベルトを
変える必要はなさそうです

待っている間に車の情報を
色々といただきました

まず、来春にV40が無くなるそうです
VOLVOは、近年どんどんと大型化しています

私は、長年VOLVO V70を愛用しています
どうやらv40が無くなる前に
ショックなことにV70hはなくなっていたそうで
20年以上このシリーズを
乗り換えてきていただけに残念です

大きさで言うと私のV70とほぼ同じサイズが
V60になるのだそうです

VOLVOシリーズもどんどん大型化しているようです

車もスタイルや大きさが変わるばかりでなく
中身もこの先大きく変わっていきそうです

VOLVOも燃料燃焼エンジンから電気自動車に
また自動運転いついても研究が進んでいるようです

2020年までに、新しいボルボ車での
交通事故による死亡者や重傷者をゼロにする
2025年までに、新しいボルボ車に乗ることで、
ただ運転操作に費やしていた時間を年間で1週間分お返しする
2025年までに、ボルボが生産・販売する
車両の約50%を電動化された自動車にする

などがあるようです

昨今、老人による大きな事故が目立っています
そのことによって免許証の返納が風潮になったり
していますが、街中での暮らしに車がなくても
なんとかなりますが

田舎暮らしにとって車のある生活は不可欠です

しかし、自動運転にはレベルがあるようですが
完全自動運転に移行できる未来も
そう遠い先でなないような気がしました

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)