第3回平和紙業以和貴会 in 愛媛

広告

今年の第3回平和紙業以和貴会はえひめ洋紙株式会社の
山本会長のお世話で松山を中心に東は伊予三島
西は内子までの東西に広い愛媛県を広域に学ぶ場をいただきました

1日目は星高製紙さんの和紙製造工場の見学と実際に紙産業の技術を
研究する愛媛県産業技術研究所に行ってきました
星高製紙さんは相当大きな和紙製造工場で製造する商品の絞り込みや
その生産性に対する合理化は学ぶべきものがありました
久しぶりの製紙工場でした
やはりマーケティングが素晴らしく作る商品に無駄がない部分は
大変見習う点です

この日に会長のえひめ洋紙株式会社様にもお邪魔しました
単に洋紙を販売するだけでなくお客様にその洋紙を使う提案を
ショールームを通じてわかりやすく販売できる場を提供されていました
また貼り箱の製造工場も持ち地場産業のお菓子やかまぼこの箱の
製造販売もされています

そして山本社長様自身が幅広いおつきあいと柔軟な思考で子供用の
知育玩具を開発し販売されていることには枠にとらわれない発想が
ありまたそのプロモーションにも大変学ぶべき点がありました

2日目の学びは南予地区の内子にある五十崎社中という個人の
手漉き和紙を金箔で彩るギルディングなる不思議な芸術品でした
ここにも日本の尖った技術や繊細な感覚がありました

そして最後は内子の町家風景です
はるか昔に引き戻されたかのような街並みでした
それがまた風情があって心地よいのですね

今回の学びは、いかに自社の持つ強みを他にはない唯一無二の存在に
まで高めるかが商品のコンセプトとしてそこに至るまでのストーリーとして
価値があるのかを学びました

そうです忘れていましたが2日目の朝は松山市内の
坂のの雲ミュージアムの見学をさせていただきました
司馬遼太郎先生が執筆した明治維新の頃の正岡子規と秋山兄弟に
まつわる小説です

江戸から明治に時代が大きく変わろうとする中で若者が
身分制度からの脱却として
貧乏が嫌なら勉強せいと皆こぞって学んだことや
どうせ生まれたからには日本一になろうという気概に溢れる
エネルギーを今回の例会からいただきました   感謝

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)