日本の和綴じ製本の創始者は空海さんだそうです

広告

大福帳のクラウドファンディングメンバーの
国宝堂さんで和綴じ体験をしてきました

クラウドファンディングをするずっと前から
和綴じは、気になっていた製本方法です

そもそも日本の記録は巻物から

現代のようなページ物の本になる前は
手すき和紙の技術からすると
小さな毎葉の紙であったわけです

その毎葉の紙でたくさんの記録を取り
つないだものが巻物です
巻物は、時系列を見るには
広げてゆき時系列に並んでいて
良いのでしょうが

読みたい閲覧したい場所を見るには
帯状の紙を広げる必要がありました

次に進化したのが蛇腹状に折った
折り本が出現したようです

日本の和綴じの創始者は空海さん

和綴じの起源は、平安時代に
空海が中国から招来した「三十帖策子」が
現存する最古のものだそうです

もともと大きな紙を二つ折りにして
袋状にし本文にして
それに表紙・裏表紙を
付けて糸でとじたものが始まりだそうです

素晴らしい発想ですね

和綴じ体験にワクワク

我が社でも製本はするのですが
基本的にくるみ製本といって
中身に糊で表紙をつける製本方法です

以前から日本古来の伝統的な
製本方法である和綴じには興味がありました

しかし、どのようにして製本されるのか
なぜ糸の結び目がないのかなど
不思議に思っていました

糸の結び目を本文の間に上手く隠す技術
その謎が今回のワークショップで解けました

日本の美に対するこだわりなのでしょう
初めの結び目と最後の結び目が
製本される冊子の中に上手く隠します

この方法を知ったことに感動です

自分で素材を選ぶ楽しみ

本文に対しておもて・裏の表紙を選ぶ
閉じるための糸を選ぶ

これらの選ぶ作業は、とても楽しく
また自分で選んだ世の中にたったひとつの
オリジナル作品と言う優越感
このことによって物を大切にする
気持ちも養われます

そして表紙・裏表紙を中身合わせて
折り込んで糊付けをしたり
糸で閉じる

結び目を中に入れ込む技術が
とても美しく素晴らしいです

今回のワークショップに参加したことで
ますます日本の伝統文化の
奥深さを感じることができました

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)