木質系ゴミとして樹木の伐採した木片をクリーンセンターに持ち込んだら格安で処分ができます

広告

先週の続きで庭木の伐採と
ゴミ処理の一部をしました

神戸市で出たゴミは神戸市で
処理をお願いしますと言うことで

インターネットで調べて神戸市環境局に
問い合わせをしてみました

丁寧に優しく教えてくれます

しかも教えてもらった指定の要領で
処理をして持参すると本当に格安です

ちなみに先週に続いて残っていた
樹木は6本中残り2本でこちらです

先週4本伐採しました
その伐採した木のゴミがこちら

そんなわけで本日の目標の残り2本を
片付けてちょっとスッキリしました

▼伐採前

▼伐採後

こちらは、先週の様子です

そしてこの伐採後の木片を
神戸市環境局港島クリーンセンターに持参

その時に注意するのが長さを50cm
幹の太さを直径15cm未満に処置する
これが持ち込むことのできる条件です

今日はとりあえず試しに本日伐採の
2本分だけ上記の条件まで処置して
持ち込みました

受付を済ませてゴミ処理場に行くのに
まず車に荷物を積んだまま計量します

その後、処理場に移動
すると大きなショベルカーで
トラックの荷台のゴミを押し出して
一気に片付けてくれます

そしてその後再度車を計量して
その差の重さ分の支払いをします

神戸は、家庭ごみ10kgで14円と
格安料金でした

ちなみに尼崎を調べてみると
10Kgあたり事業所ゴミが103円
家庭ごみで86円でした

それでも業者さんに頼むと
今回の廃棄にトラック1杯で
少なく見積もっても30,000円で

私がクリーンセンターで支払った
金額は、110Kgで1,540円でした

自分で持ち込む場合(神戸)の
閲覧はこちらから

そして持ち込む場所は色々あるようです
今回は、神戸ポートアイランドの港島
はこちらです

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)