ゆで太郎食べたらやっぱり小諸そばも食べてみたくなるものです

広告

私のブログは、ここのところほとんど
食べログ状態に近く
今日は、この少し前にゆで太郎を食べて
今度は、小諸そばに引き寄せられて
食べてみました

ゆで太郎は、この間初めて行った一軒しか
知らないので偉そうなことは、言えません

私は、利用してみて何となくアットホームな
家族経営の雰囲気がしたと言うのが実感です

今回、何十年ぶりに利用してみた小諸そばは
コンビニエンスストアを連想しました
店員さんのユニフォームが
さしずめローソンの青い縦縞に比較して
緑の縦縞だったせいかもしれない

店内は、明るくスッキリとしている
古臭さや泥臭さは微塵も感じませんでした

入ると自販機がありお金を入れて
かき揚げせいろを選びました

と写真をアップしたいところだが
食べるのに集中していたので忘れてしまった

かき揚げは、冷めて固かったが
なんとなくこれが江戸前のような気がして
不思議と腹がたたなかったのです

テーブルには練りわさびと
確か大昔からあった小梅ちゃん

そばを食べた後は、蕎麦湯をいただきました

お店の中の雰囲気は明るく清潔な雰囲気でした

前回の初「ゆで太郎」のブログはこちら

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)