阪神尼崎らしい名店「串カツ専門店あさひ尼崎本店」

広告

阪神尼崎で有名なお店といえば
半年しか営業しない「かき金」
焼肉「闇市」
そして「串カツあさひ尼崎本店」

おしゃれすぎたバルで喉を潤した後
こちらのあさひ尼崎本店にやってきました
阪神尼崎駅の高架下です

日曜日の夜ということでサラリーマンの
姿はほとんどなく珍しく空いていて
入ることができました

久しぶりに来てみると注文用の
タッチパネルになっていてびっくりしました

あさひといえば串カツを中心に
洋食屋さんと言ったイメージで

展示会の応援に来てくれた
東京のメンバー二人を連れて
案内をしました

どうやら期待通りだったようです

何を頼んでもボリュームたっぷり
やはり名店は裏切りません
安定の美味しさです

おっさんにはぴったりな雰囲気
なぜだか落ち着くんです

串カツを一通りやっつけたら
次は、うやはり粉もんです

こちらの豚玉お好み焼きは
初めの1枚目写真を撮るのを忘れて
実は、2枚目を撮影したものです

幾つになっても胃袋年齢18歳(笑)です

箸休めには豆腐とキムチ

そして欠かせないのがざく切りキャベツ

来賓は、最後にお茶漬けでトドメを
さしていたのでこちらも
締めのとん平焼きです

ハシゴをして大正解で
お腹いっぱい大満足で
帰ることができました

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)