富野由悠季の世界in兵庫県立美術館にてガンダム

広告

富野由悠季の世界を見に行こうと
初めて兵庫県立美術館に行きました

目的は、今回のイベント限定の
ファングッズとしてTAGGED MEMO PADを
デザインのHI MOJIMOJIさん関係で
採用いただいたことからの鑑賞です

理由はともあれ見に行ってきました
正直、富野由悠季さんと
言われてもお恥ずかしい話
全く誰のことかさっぱりわかりません

しかし、機動戦士ガンダムと言われれば
いくらアニメ音痴な私でも
名前はもちろんのこと絵面もわかります

テレビアニメとして放映されている時
見ていたわけではありませんが
ガンダムはあまりに有名ですよね

兵庫県立美術館入口から

外観は、この様にお洒落な建物です
場所はJR神戸線灘駅から徒歩10分の場所です

兵庫県立美術館い入場して階段を上がると
会場エントランスにはデカデカと
満面笑顔の富野由悠季さんの写真が

入り口には、インスタスポットがあり
記念写真をパチリ

そして、中に入るとここから映像で
富野由悠季ワールドに誘ってくれます

すでにワクワク感が止まりません
会場入り口には、音声ガイド(有料)が
準備されてより内容を深く知れる
仕組みがありました

こちらからようやく入場したのですが
残念ながらこちらからは写真お断りで
撮影することはできません

■ プロローグ アニメのできるまで

■ ■ ■ 第1部 宇宙(そら)へのんあこがれ

■ ■ 第1章 富野由悠季をかたちづくったもの
■ 1-1-A 幼少期から大学生までの作品ー未来志向とリアリズムの萌芽
■ 1-1-B 虫プロダクションの時代 1964-1967
■ 「鉄腕アトム」
■ 1-1-C フリー絵コンテマンの時代 1967-1970時代

■ ■ 第2章 それでも生きていかねばならない
      初期作品のドラマ展開
■ 1-2-A 「海のトリトン」
■ 1-2-B 「勇者ライディーン」
■ 1-2-C 「無敵超人ザンボット3」

■ ■ ■ 第2部 人は変わっていくのか?
■ ■ 第1章 君は生き延びることができるのか?ー「機動戦士ガンダム」

・・・・・・・・・
ここからガンダムシリーズが延々と
絵コンテとその解説

そしてアニメの映像と続き

ガンダムにまつわるポスターや
レコード・コミック本などなど

音声ガイドを聴きながら
さくっと見ただけでも約2時間

ファンにとってはたまらない
お宝ばかりであった様に推察します

会場は、熱のこもったファンが大勢で
中には外国人ファンまで詰めかけていました

そして最後出口のところに来て
ようやくお目当てのグッズコーナーがありました

ネット通販でも案内がありました

富野由悠季の世界をたっぷりと
堪能した後会場の外で
記念撮影を撮るころには
すっかり身も心もガンダムに
洗脳されていました

▼ご案内はこちらからも見れます

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)