神戸紙フェスに行ってみるとおもしろグッズがてんこ盛りでした

広告

神戸に長年住んでいながら
訪れてない場所はたくさんあるものですね
北野工房のまちもその一つでした

行ったきっかけが第4回「紙フェス神戸」
文具関連の東京のお友達が出展するとあって
今回の行くきっかけになりました

開催場所は神戸北野で異人館のふもと

こちらは元々は、北野小学校の校舎だったそうです
神戸山手の異人館と繁華街との中間地点にあり
小学校後者と言えども神戸らしいモダンな作りです
校庭を利用した大型駐車場は観光バスも受入OKです

体験型観光スポットして再生

建物の中には神戸らしいカフェや
神戸牛のお店有名なパン屋さん
また灘のお酒のお店であったりと
盛り沢山です

第4回「紙フェス神戸」

私が訪れたのが丁度空いた時間でした
観光バスが入ってくると一気に会場は
賑わい大変なことになるそうです
お陰でゆっくりとみることができました

このイベントは、毎年この時期に
神戸文具を牽引するナガサワさんが
主宰で催される様です

紙文具人気の女子率はやはり高く
されど最近は、男性比率も鰻登りの様です

今回の私の目的はこちらです
365日感動カレンダー
毎日がイベントで楽しくなる
himekuri
https://kamifeskobe.com/archives/1358

そして
手書きの手帳活用が参考になる
手帳社中
https://kamifeskobe.com/archives/1422

この2つでした

今日のまいどあり⤴️

会場では、たくさんの出展があり
見れば見るほど紙文具に
興味が湧いてきます
とても楽しいイベントでした

オキナさんも弊社が制作させていただきました
Washable Notebook
Washable memo
の展示販売もされていました

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)