「夢創と自己実現」が経営理念の黒木テック工業株式会社に学ぶ

広告

2018年10月の成長期待企業阪神支部例会で
伊丹にある黒木テック工業株式会社に行ってきました

黒木テック工業の歴史

1952年昭和27年に黒木恒常氏が
鈑金工場として創業

その後夢の乗り物工場として特化
全国の遊園地の乗り物づくりで
60年以上の社歴を誇る

現在、父から継いだ夢の乗り物工場を
2代目の黒木候次氏が経営をする

2代目社長の黒木さんは、バイクライダーとして
私たち成長期待企業の中でもユニークな存在です

今日、会社の歴史とこれからの展望について
じっくりと話を聞くことができた

2代目社長としては学ぶべき点がたくさんありました

なんでも世代交代の折に
自分を戒めるために
3つのことを決めたそうだ

社長になる時に決めた3つのこと

1、経営理念をまず作る
 「夢創と自己実現」
2、朝の6時出社
 会社に一番早く出てきて仕事に対する自分作りをする
3、自分のことを色々と書き綴る
 夢手帳を作る

黒木社長は、夢しかないと謙遜されていましたが
経営理念が示す通り
私たちは、顧客の夢を創造していくと共に
私たち自身の自己実現を追求していきます
とありました

仕事も単なる金属加工ではなく
お客様の夢を何もないところから設計し形にする
そんなワクワクする夢の工場でした

夢がある、夢を作る、夢を実現する
夢と一言で言っても
自分に夢を持っている人が
どうれだけいるだろうか

まさにそんな夢が詰まった会社でした

おまけ

黒木社長は、とにかくモンキーバイクが好き

自分の夢は、大学生の時に冒険した
バイクで日本一周した時と同じコースを
70歳の時にやりたいそうです

もうすでにその時のバイクが
選定されているという

最後のバイクつながりということで
記念写真を撮っていただいた

ワンオフという世界に一つだけの価値
これこそ本当のオンリーワンですね

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)