平和紙業ペーパーラボでテーマは「カミガミの創造」

広告

11月5日(火曜日)夕方のイベントで
平和紙業ペーパーラボに行ってきました

オープニングのパーティーに参加しました
このイベントは3年目だそうですが
私は、今回初めての参加です
しかも、オープニングに

案内状はこちらです

今年で3回目だそうです

毎回ショールームイベントにはテーマがある

毎年、テーマがあるそうです

一年目、白紙
▼ 二年目、色紙

▼ 三年目、質感、手触りだそうです

この白衣は、毎年紙で作られて
展示される様です

今回のテーマは、「カミガミの創造」

カミは生きている、カミにも感情がある
表現するだけのカミだけでなく
カミ自体が表現するチカラ

我々の知っているカミの領域を超えた
カミガミのチカラは
触れたものだけが
感じることができるのだ

Living 〜 感じる 〜

見た目はもちろん触って深まる表現力
それでもまだただカミと思うのか
生きたカミを感じるのか
カミの可能性の広がりは
我々の表現の広がりに比例する

さあ
カミガミのチカラを存分に
触れ感じ取ろうではないか

ペーパーボイス案内状より抜粋

オープニングの趣旨についてのご挨拶
そしてビールにサンドイッチが
振る舞われました

今日のまいどあり⤴️

今回は、初めて目的があって
参加してみました

主催者側の想いの伝わるイベントでした

紙には、不思議な力が宿っている
それだけ面白い表現が色々とできる
平和紙業さんは、一般紙ではなく
特殊紙の総合商社です
聞くところによると8000種類もの
面白い紙の取り扱いがあるとか

生かすも殺すも使う側次第
ということですね

共生社は、元々クリーニング用の
洗浄時に迷子札の役割をする
洗えるほど丈夫な耐洗紙で
クリーニングタグを作っています

ここ最近、この素材を使って
クリーニングタグ以外の利用価値を
創造しています

さて、これから
我々の可能性が試される時です

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)