六甲山ログ9回(2022年)561回(通算)芦屋〜六甲山最高峰〜有馬 

天気:晴れ  気温:15℃

10:40 自宅スタート

昨日の雨から雨上がりのスッキリ青空になりました。

11:32  高座の滝

12:10  風吹岩

12:16 横池

あと1ヶ月もすればこの池は、例によってお玉杓子だらけになる予兆です。池の中をよく見ると寒天状の卵があるように見えます。

広告

13:01雨ヶ峠

雨ヶ峠の標識がスッキリと綺麗に様変わりしていました。

TAGGED PAPERの使用事例撮影には、ちょうど良い雨上がりで地面がぐじゃぐじゃでした。

14:24 六甲山最高峰

最高峰からの眺めは、今年最高です。遠くは、泉佐野の関西国際空港までスッキリと見えていました。

  14:45 足は、攣る寸前でした。一軒茶屋でtea time。びっくりすることにもうかき氷ののぼりがかけられていてなんと食べている人もいました。

有馬温泉界隈は、蔓延防止法が解除されて陽気に誘われて人だらけでした。

広告

15:48  太閤橋 

前回も3週間ぶりの六甲山で今回も3週間ぶりの山行です。六甲山は、最高です。身も心もリフレッシュすることができました。ここ3週間は休む間もなく朝の早くから夜の遅くまで仕事づくめでした。それはそれでコロナ禍の暇を持て余している状況からすると有難いことでした。

毎日毎日、くたくたになって帰って朝になればだるい体に鞭打って出社と言うこの繰り返しも回りこさの心あるメンバーのお陰でひと段落つくことが出来ました。

そして雨上がりでお天気も晴れて気温も上がり春を感じるにはもってこいの日となりました。

心身をリフレッシュすることができる身近な自然が直ぐそばにある事に感謝です。

自然とは自らが然りと自分らしくあると言う事正に自然に触れることは自分を自分らしく取り戻す事だと感じる山行です。

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

購入はこちら

水に濡らしても紙が破れないメモを

広告

この記事を書いた人

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)