六甲山サイレンスリゾートで山上からのディナー

夏の六甲山は、夜が素敵です。

今回は、いつもの山ブログとは違って12年ぶりに利用した六甲山サイレンスリゾート(旧六甲山ホテル)での食事がとても良かったことの内容を書いてみました。

一時期閉鎖されていましたがリニューアルされて今年で3年目になるそうです。

外観の趣は残したまま内装をすっきりと整備されていました。それにしても夏の夕刻の山上は、下界と違って気温が3℃から4℃は低く過ごしやすいですね。

建物の中に入るとこのようにすっきりとした様子です。

今回の目的は、夕方に開催されるDuo Italiano & Mariko Sanoコンサートと山上レストランでのディナーでした。

演奏が素晴らしかったのはもちろんです。そして夕刻からの山上レストランでのディナーの雰囲気がとても良かったです。

広告

ホテル棟の前の公道を挟んで向かいがレストランです。こちらからの夜景の眺めを見ながらの食事は贅沢な時間です。

入口から手前には、個室になった鉄板焼きコーナーがありました。

そして我々は、奥に入り大きなガラス窓越しに見える神戸の素敵な夜景を眺めながらの食事です。

コースの内容は、前菜ヤリイカのフリット サルサヴェルデデ

スープ 枝豆の冷製スープ

パスタ 小エビの冷製パスタ イカ墨タリオリーニ

メインは、但馬牛フィレとフォアグラのポワレ赤ワインソース

広告

夜の帳が降りる頃の景色を眺めながらゆったりとした時間を過ごせます。

デザートはティラミス、義禹レーぷフルーツのシャーベット、季節のフルーツにコーヒーでした。

食事のコースは、いろいろと選べるようです。

兎にも角にも夜景を見ながらのゆったりとした食事時間はリラックスできる内容でした。

今日のまいどあり⤴️

普段と違ったシチュエーションでの食事時間は、くつろげますね。そして何よりも山上の景色とゆったりとした空間が何よりものご馳走でした。たまにはこのような時間の過ごし方も必要ですね。

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

購入はこちら

水に濡らしても紙が破れないメモを

広告

この記事を書いた人

Avatar photo

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)