立花Be・ブログ・ブランディング塾 レベル2を受講して

広告

立花Be・ブログ・ブランディング塾レベル2の第2講を受けて

先ずは、Be在り方についての学びです

今回の在り方についてのテーマは「自己客観視」です
自分で自分のことを客観的に冷静に見て分析する

人間には、自我があり自分の身体と感情が同居している
それがゆえに感情に支配されるのではなく
自分と感情は別であると言うように切り離して見る

感情を押し殺すと言うことでなく
言うなれば自分自身の行動・態度・言動などを
外から見てジャッジしないと言うことです

人には反応傾向があり偏った傾向に陥れがちだ
この分離することにより感情が穏やかになったり
他人の視線や意見に振り回されなくなる

何か問題があっても
そ子にあるのは、事実で
その問題の所有はどこにあるかを考えることが
つまりは、客観視と言うことのように私は思えた

つまりこの自己客観視できることで健全度が高くなるのです

次にブログについての学びです

今回は、「SEO=検索サイト対策」です

検索サイトにはGoogleやYahooなどの検索エンジンがある

情報発信にはSNSやブログがある
SNSにおいては友達が書いた情報を見にくる
しかし、多くのブログは検索サイトを経由で閲覧される

ではその検索サイトは、何を基準に検索するか
この検索サイトから選ばれるように作る意識が必要となる

つまり、正しい記事タイトルはアクセスアップの最重要ポインとです
読者は、知りたい情報をキーワードで検索する
その時に検索エンジンが見る優先順位は
「記事タイトル」→「冒頭の見出し」→「本文の最初の段落」の順である

この手順を意識して作らなければ読者に探して見らえないのです

他にも大切なことがあります

同じキーワードをたくさんのサイトが使った場合
ドメインが強い順に検索リスト表示される
ニッチなキーワードで上位結果をとり少しずつドメインを強化する

次に独自ドメインが強い理由として
無料ブログはユーザー全員が同じドメインになっている

例えばアメブロなどはタワーマンションに入った同じ住所の住民のようなもの
独自ドメインは、戸建ての住宅で個別の住所があり
きちんと特定のドメインとして識別される

そして弱小ブログの下克上の鉄則は「先手必勝」

だれも使っていないキーワードは必ず検索1位になれる
例えば、発売前の新製品、新規オープンのお店など

人気ブログを作ることは「独自ドメインを育てる」こと
キーワードだけでなくもちろん内容も伴う必要がある

最後にブランディングについて

人気ブログのブランディングには次の2種類がある

・人の心を動かす
 インパクトの強い記事で読者を惹きつける
 その人となりが売りになる

・人の役に立つ
 情報価値を高める
 自分の好きなことや得意なことを書く

最後に

今回は、ブログを書く上での心構えとして
感情に支配されず自己を客観視して冷静に書くこと
次にSEO検索サイトを有効にできるよう書き方についての注意

最後にブログのブランディングには
人の心を動かすものと人の役に立つものの2種類がある
何れにしても自分が根気よくこれらのことを意識しながら
質より量より更新頻度を心がけてブログを育てることなんですね

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)