角熟と言う考え方について

広告

この写真は感性論哲学者である芳村思風先生の
日めくりカレンダーです

引用文
今までは角の取れた円熟を目指してきた。
人間は不完全であり、短所はなくならない。
まん丸にはなれない。
とんがったところが個性。

長所を伸ばして角張ったまま成長していく
「角熟」と言う生き方をめざす。

長所が伸びれば短所は人間味、味になる。
個性のある本物は、角張ったまま熟していく。
まるくは、なるな。とんがって生きろ。
一角(ひとかど)の人物になれ!

私は、毎日この日めくりカレンダーを見て
励まされています

皆さんならばどうお考えになりますか?
いやどう感じますか?

秩序ある社会では、もちろん理性は
不可欠です

だが、湧き上がってくる感性こそが
人の動機でありやる気になるのでは
ないでしょうか

私は、角熟の人生を生きたいと思う
人はそれぞれの得手で
自分の役割を見つけて
人の役に立つ
それが幸せな人生を送ることであり
生きる意味のように思います

皆さんならどのように思いますか?

 

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)