韓国スニーカークリーニングは、お客様のライススタイルとサービスを提供する業者とともにハッピー

広告

ラクナ油脂様の主催釜山ツアーで

韓国のスニーカークリーニングがいかにして
当たり前に利用されるようになったかについて
学んで来た

今にわかに日本でも新たなメニューとして
スニーカークリーニングが注目されている
現場を視察して学んだことをまとめてみた

ワールドクリーニング編

スニーカーは、綺麗にはくために水洗いをする

要注意なものは
キャンバス地スニーカーで色落ちが多い
白のキャンバス地は、特に黄変になりやすく
スエードは起毛部分の風合いが変わる
ゴムのボンディングも注意
瞬間接着剤で補修したりもする

スニーカーの基本料金は

380円から
平均単価は450円

各社各様に進化している

洗いの温度は45℃で40分洗い
乾燥機は1台につき20足の
ロータリー乾燥機が9台
1日の処理点数は
300足-400足

受付からお客様に渡すのは
3日から4日が目処

基本一足に一つのBarCord
タッグもう一足は、無地タッグを
感想に使うスニーカータワーは
回転をさせて空気の回転を作りより早く乾かす

地域によって商品構成比が変わる

本社近くの釜山地区は、
Yシャツ 17%
スニーカー8パーセント

水原地区は、
Yシャツ35パーセント
スニーカー12パーセントで納期は4日

スニーカークリーニング始めて12年になる

スニーカー洗いの変遷は

始めは手作業で洗い
はじめて2年後くらいからようやく機械化した

しかし、集めた5%くらいは機械で処理できず手洗い
特殊なものは別工場で洗う

目安として靴の価格が25000円を超えるもの
クリーニング代は、1800円

韓国の一般的なスニーカー価格は、7000円くらい

12年前にはスニーカーを洗うという意識が
消費者には無かったそこをお店でスニーカーを洗える事をPRして

スニーカーが洗えることによっていかに便利なことかを伝えた
12年前は1足250円からスタートしたものが
インフレで今は380円になった

スニーカーの取り扱い点数
400足/1日年間平均

夏場は600足集まる
冬場は寒くてブーツ比率が上がるのでスニーカーは、減る
価格の目安としてスーツ上下の価格の65%-70%
ワールドさんではスーツ上下で570円
これに対してスニーカーは、380円となる。
高級なスニーカーは高額になるという教育を
冊子などを作りお店にもお客様にも配布して周知している

やはりお客様との相互理解が必要である

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)