韓国スニーカークリーニングは生活スタイルにおけるクリーニング業界の新たな提案からスタートした

広告

ラクナ油脂様の主催釜山ツアーで
韓国のスニーカークリーニングがいかにして
当たり前に利用されるようになったかについて
学んで来た

今にわかに日本でも新たなメニューとして
スニーカークリーニングが注目されている
現場を視察して学んだことをまとめてみた

クリーンエース編

全てのスニーカーは水洗いします

初めてのお客様にはこのことを
店頭で案内します
初めにこのことをお客様に了解してもらいます

受付手順は、

1.タグ付け
2.検品
3.袋に入れて工場へ

受付時には靴の状態やキズを確認します
素材がスエード、ポリエステルは、変形、脱色などがある事を伝える
革の靴もゴルフシューズも登山靴も洗いますが少し高くなります

初めた頃は、特にデリケートなスニーカーは、
ネットに入れて洗っていました

洗浄温度についても事故がないように
注意が必要です
夏場20℃冬場25℃

韓国27000軒のクリーナーは30℃以下の
温度設定によって事故がほとんどないとのことでした

集まる数が300足以上になるとロット洗いが必要
例えば、色で白・黒
形態、素材など

洗いの基本で前処理は無し
スパイク物などは、ネットに入れて洗う
移染防止、摩擦の破れ防止

設備は、水洗機22kgと25kgの2台

1足/1kg計算の洗い
標準の洗浄時間は40分
回転スピードは中

スニーカーの繁忙期は梅雨の時期です

現在、1日600足を洗う

乾燥時に使う乾燥機をツリーといいます
ツリー1台につき65足の靴を乾燥させます
あとで整理しやすいように店舗毎に乾かす
乾燥室には、除湿機を入れる

仕上げの包装では

乾燥後ビニール袋は入れて紙キーパーと
防臭剤を入れる
包装のフィルムは、3種類S.M.L
切れたひもは、新品に無料交換
ひもの交換は1週間に2.3本あるそうです

10年前に1足から始まったスニーカークリーニング

当時は、誰もスニーカーが洗えるなんて思ってなかったが
今では、スニーカーが洗えることが当たり前になった

クリーニング店では、上がらない売上を
新しいスニーカークリーニングで売上10%アップ
お客様は、クリーニング店で洗えないと
思っていたスニーカーが洗えてハッピー

つまり、オールハッピー

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)