耐洗紙は洗える紙だけど耐熱性はどうなの?

広告

 

 

耐洗紙は洗える紙だけど耐熱性はどうなの?

クリーニングタッグで使われている耐洗紙は
洗える紙ということで私のブログでは
何回も説明しています

この紙の他にも優れたところをご案内したい

まずは

水洗機でゴシゴシ洗える(耐洗テスト)

クリーニング工場で一番ハードに洗うのは
白衣やコック服です
しかし、一般的に一番たくさん洗うのはYシャツです
温度は、40℃〜50℃ぐらいでしょうか
また洗浄時間も30分から50分
こんな条件でゴシゴシ洗ってもびくともしません

例えばクリーニングで使う耐洗紙で作った
TAGGED MEMO PAD を洗濯機で洗った場合

こんな感じになります

もちろん水よりも温度も低く時間も短い
ドライクリーニングでもグルングルン洗えます

そこでクリーニング工程では
水に強いだけではなく仕上げ時の
プレスの熱にも耐えなければなりません
つまり耐熱性です

仕上げのアイロンでも破れない(耐熱テスト)

皆さんクリーニングから帰ってきたYシャツで
こんな光景見たことありませんか

これはクリーニング工場では水洗いした
Yシャツは乾く前に人体プレスで濡れがけして
高温でプレスして乾かし仕上げをしています

この時の温度が約230℃くらいまで
上がると言われています

こんな機械で仕上げします

そこで実際にこの耐洗紙の耐熱テストをしてみました

3分間フライパンで熱してみました
フィルムだと溶けます
しかし、やはり紙でできているので溶けません

中々優れたかみだと思いませんか?

ビフォー・アフターで撮影したものです

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします