片づけ上手は仕事上手

広告

片づけ上手は、仕事上手について書きます

題材は、ベンチャー文具デザイナー株式会社ハイモジモジさんの
創った膝を打つアイデア「WORKERS’ BOX」についてです

簡単にこの株式会社ハイモジモジさんの紹介をすると

会社名のハイモジモジはお客様から電話がかかってきたときに

ハイもしもし◯◯◯と会社名を言うのが面倒で

1回で済ませるために株式会社ハイモジモジと言う

名前にしたそうです笑えるでしょう

そして会社のスローガンが「Knee pon from nippon」の造語で

Kneeは膝で日本と掛詞でponは打つ音です

つまり日本から膝を打つ落ちのあるアイデアで

ものづくりをなんて心意気だそうです

今回のアイデア「WORKERS’ BOX」は、昨年よりアイデアについては

散々伺っていたのですが私は、正直商品ができるまで

これって必要なんですか?作っても売れるんですか?????と

ピンと来ないイメージだったんですけど商品ができて

見るや否やさすがこんなのがあったらいいなの

小林製薬みたいな商品でした

ちょっとした発想の転換です
A4サイズのファイルが入る箱ってないんですよね
箱もファイルも同じA4サイズはあるのに
ちょっとだけ大きくて収納できる箱は無いんです

このちょっとだけ大きくてA4サイズがすっぽり入るのが味噌
つまり、コロンブスの卵のような発想なんですね

こんな風にプロジェクトそのものズバリオールインワンなんです

そしてプロジェクトごとにまとめたファイルを
この「WORKERS’ BOX」にすっぽりまとめて収納できる

そして、プロジェクトの案件、用事には「WORKERS’ BOX」を
そのまま持ち出せば良いと言う便利グッズ

更に、机の上の整理もこんな感じでまとまリます

いかがでしょうか?
皆さんならどのような使い方をしますか?

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします