マクドナルド2号線尼崎店は、ハードもソフトもリニューアル

広告

ランチタイムにマクドナルドに来てみました
数ヶ月ぶりの利用です

利用したお店は、兵庫県尼崎にある
2号線沿いの大型店です

お店に来た動機

先日、ネットニュースでコンビニエンスストアや
アマゾンゴーなどのお店が無人化・自動化されて
手間をできるだけかけない方向性に
進んでいるのに対して
逆張りのサービスを導入のニュースをみて
来てみた
モデル店舗(静岡県の一部店舗)では
スマホで予約注文を始めたらしい

予約注文ではないのだが
人生初のマクドナルドの
スマホクーポンを使ってみた(笑)

今までの店内のサービスとドライブスルー

ドライブスルーに関しては
車でドライブレーンから直接マイクに向かって
オーダーして商品を受け取り
支払いを済ませる仕組みである
お客様もお店の人も合理化された仕組みです

かたや店内でもできるだけ手間をかけずに
オーダーするのにカウンターに並び
それが終わると移動する
次にレシートに書かれた
番号がモニターに出るまで順番を待って
番号が出ると注文の品物を引き取り
店内の席に陣取り食事をする
このようなシステムであった

今回利用してみて変わったこと

カウンターに並んで注文する
このことに関しては今までと同様である

では何が変わったのか

今までは、モニターに自分の番号が
出てくるまで待って頼んだ商品を
自分で引き取り席で食事をするだった

これがホールスタッフがいて
自分で頼んだ商品を引き取るのではなく
先にテーブルに座っていルことができて
そのホールスタッフが席まで
依頼した商品を運んでくれる

感想として

たったこれだけのこと
自分が注文した品物をスタッフが
テーブルに運んでくれる

このことによって
商品を待つ客溜まりが少なくなり
カウンター周辺がスッキリする
利用するお客様は、待ち時間で
イライラすることもなく
座ってゆっくりできる

店舗側もお客様側もお互いに
良いシステムになったのではないだろうか

ちなみに今回お店で食べたのは
グランクラブハウスです
柔らかめの黄色いバンズに
ボリュームたっぷりな具材の商品でした

いつもより心なしか美味しかったように
感じたのは私だけでしょうか?

ちょっとしたサービスなのですが

人間は、感情の動物で

このちょっとしたサービスが
美味しさを運んでくれるのかもしれませんね

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします