東京千川の鳥将の焼き鳥で中締め

広告

クラウドファンディングメンバーで
目標達成の中締めをしました

ここで中締めとあえて申し上げたのは
目標達成をしたもののこれからが大変
というもの支援者の方々から期待いただいた
商品をお届けするという
大切な使命があるからです

本日、東京新聞からクラウドファンディングの
内容のついて取材を受けました
記事は、6月の中旬に掲載されるそうです

そしてこのタイミングで
企画メンバー3人と協力スタッフ2人で
食事会をしました

前置きが長くなりましたね
今回食事にお邪魔したお店は
千川にある「鳥将」さんでした

お店の前には、店主のこだわりが

鳥将

 豊橋の契約農家の地鶏と卵
日本各地の山里から
季節毎の旨いものを集め
紀州備長炭で炙ります。
 自然の恵みに感謝し素材を
大切に毎日手間をかけて仕込み
自慢の料理とうならせる酒を
揃えてお待ちしております。
 地鶏と炭火と酒と心・・・

このように書かれていました

突き出しが2点

自家製のらっきょがよく浸かっていました

こちらから鳥の6本コースです

ささみにわさびがふんわりと
柔らかくさっぱりと美味しかったです

ここからは、もう記憶にありません

とにかくどの料理も美味しく
おかげで話にも花が咲きました

他のメニューも上品で気取らず
素材の味を引き出しているようでした

一旦こちらで中締めをして
区切りをつけました

本番は、これからです

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)