焼かない焼肉という伝説の焼肉屋がリニューアルしました心斎橋の「ura agura」

広告

焼かない焼肉というキャッチフレーズで
ほぼ10年前、大阪本町で営業の「あぐら」さんが
満を辞して2019年6月下旬に
リニューアルオープンされました

食文化に厳しい大阪人の舌をうならせた

焼肉「あぐら」は、いつ行っても期待を裏切らない
とびきりの美味しい和牛を提供してくれる

本町で営業するお店は3階建てで
1階は吹き抜けの開放感あるテーブル席
2階は、天井が低く隠れ家のようなスペース
3階は、大人数で利用のできる座敷席
全部入れると100名は余裕で入れる
大きなお店でした

8年前までは、生で食べられる焼肉が
生で食べるユッケに集団食中毒で人が亡くなった
あの事件以来、なま肉がタブーとなり
またその後も狂牛病など
高級焼肉店にはあまりに強い逆風の中

そして世の中がファストフードや
格安のお店が主流になったり
大阪は梅田界隈の再開発で
人の流れも随分と変わり

一斉を風靡したあの「あぐら」さんでさえも
受難の焼肉店となる中

そんな中でも生でお美味しいハラミにツラミ
そしてプリプリの弾力性あるグレンス
またココロの漬けがスライスのニンニクと
一緒に食べるとたまらなく腹に染み込む

そしてプクプクと微発泡のマッコリが
たまらなくこれらのお肉と合うんです

この本町の「あぐら」さんがこの度
営業スタイルを全く変えて心斎橋で
リニューアルし対面でお肉の美味しさを
伝える大人の隠れ家「ura agura」として
この7月にオープンしました

今まではキッチンがバックヤードでしたが
「ura agura」は、お客様の目の前で
肉を調理し目の前でオーナーのうんちくを
聴きながら肉の美味しさを味わえる
素敵なお店です

お店は、カウンターと広々としたテーブル席の
気持ちの良い空間です

カウンター越しに満面の笑顔で
お肉の美味しさを語るオーナーと
美人のおかみさんのサービスは
大人の隠れ家にふさわしいとっておきのお店です

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)