なにわ淀川花火大会を会社の屋上から眺める

広告

夏を彩る花火も立秋をすぎると
何となく物悲しさを感じます

会社で仕事を遅くまでしていて
なにやら外からドンドンドンと
にぎやかな音がするので
外を見ると

窓から花火の大輪が鮮やかに見えました

そうです今日は、
なにわ淀川花火大会だったんですね

どんどんと打ち上げられるものですから
今度は、屋上まで上がって少し眺めていました

昼間の暑さは、堪え難い暑さなのですが
夜ともなると涼やかな風が吹いて
大勢の花火を見る観客に混じって
見るよりも会社の屋上でビールを飲みながら
ゆったりと座って見る花火もオツなものです

なにわ淀川花火大会も今回で既に31回
平成生まれの花火大会なのですね

人気度は、全国でも第3位で
人出も60万人と随分と人気の花火大会のようです

残念ながら屋上からiPhone x で撮った
写真は、このようにブログに貼り付けてしまうと
アップには耐えられない画像でした

調べてみると人出では
福岡のわっしょい百万大花火が
1位で153万人の人出のようです
あの有名な長岡まつり大花火大会は
4位で104万人の人出
ちなみに隅田川花火大会は
5位で95万人の人出だそうです

夏の花火大会は、全国各地で人気のイベントで
それぞれ川・海・湖などで催されます

遠くで花火の破裂する音を聞きながら
行く夏を夜風に感じながらの今宵です

来年は、どちらかの花火大会に
去年あつらえた浴衣なんかを着て
繰り出してみたいものです

身近に感じる臨場感また良しなんでしょうね

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)