キッチン南海の元祖カツカレー驚きのボリュームと価格

広告

噂のキッチン南海へ行ってきました

何店舗もあるようですが
私が今回利用したのは神保町です
どうやらこちらがキッチン南海の
元祖のお店のようです

今回の利用は土曜日でしかも
昼時間を外して午後2時に行ったのですが
お店の前に来るともう長蛇の列

しかしこれくらいでは
いつもの賑わいではないようでした

そして、並ぶこと30分で入店
お店の人の手際が素晴らしい
並んでいる間に注文を聞いて
カウンター奥の厨房には注文を聞いた
内容の色チップを置くシステムのようでした

メニューは、カツカレー以外にも
数種類のメニューがあります

お店に入るとあらかじめ聞いている
オーダーからか料理の出てくるのが早いです

いよいよカツカレーがきました
もうお皿の大きさ黒褐色のカレールー
ご飯の上にかかった千切りキャベツ
このボリュームに圧巻されました

テーブルの上には、福神漬けに
調味料色々でした

食べながらボリュームあるかつも
ご飯もなかなか減りません

これだけの内容に値段となると
人気が出るのは、当たり前ですね

老若男女を問わずこの量を完食する
人たちも相当のツワモノ揃いです

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)