GUとユニクロどう違うのでしょうか?

広告

GUにいってみてユニクロとの違いは
何かとふと思った

皆さんそんなことを思ったり
感じたことはありませんか?

並んでいる商品を比べてみた

⚫️下着
(GU)    ドライシャツ ¥790円
      トランクス  ¥490円
  素材は、ポリエステル91%
      ポリウレタン 9%
  吸水速乾・抗菌防臭
  ストレッチひんやりプラス

(ユニクロ)  エアリズムシャツ ¥990円
      トランクス    ¥990円
  素材は、ポリエステル88%
      ポリウレタン12%
  ドライ・接触冷感
  消臭・ストレッチ・シルクのよう

GUに初めて入ってみて
靴の種類が沢山のあるのにびっくりしました

私の知っているユニクロにはない品揃えかも

どちらもカジュアルウェアですから
もちろんデニム、ジーンズを置いています

GUで初めて見るジーンズは
GUブランドで展開しているようです

同じ商品でも素材や価格が違うのはわかります
ではブランドのテーマは、どうなっているのでしょうか?

そこでホームページから探ってみました

そしてユニクロのページには
This is LifeWear
LifeWearは、あらゆる人の生活を、
より豊かにするための服。
美意識のある合理性を持ち、
シンプルで上質、
そして細部への工夫に満ちている。
生活ニーズから考え抜かれ、
進化し続ける普段着です。

進化し続けるといえば
ユニクロが脚光を浴びたのは
アウトドアウェアで高級高額なフリースを
リーズナブルな価格で色数多く
庶民のものにしたことからではないでしょうか

そこから、素材の開発で
着心地の良いウェアを作り続けて
今の繁栄があるのでしょうね

どこにも真似のできない
心地よい素材作り
そのテクノロジーが
価値なのではないでしょうか

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)