深夜2時のラー麺ずんどう屋が驚きの超満員

広告

お酒を飲んだ後にラーメンが
食べたくなる深夜2時

やってはいけないと知りながら
帰る電車もなくなり夜はエンドレス

時間が経つにつれてお腹が
減ってきます

そこで見つけたのが
ラー麺ずんどう屋さん

このお店は、神戸や大阪で
最近よく見かけます
しかもお店の規模が大きいのです

一度は行ってみたいと思っていました
この時間に見てしまったからには
もう誰も止めることができません

ということで
3人寄れば文殊の知恵
ではなくて
みんなで渡れば怖くない状態

そこは、好奇心旺盛なメンバーで
入ってみることの

すると満席で表の待ち客用の椅子で待機
午前2時にありえない光景です

中をのぞいてみると20代前後の若者ばかり
きっと週電車を乗り過ごして帰るに帰れず
このパターンではないかと思われる

という我々もそれのほぼ同じ様な状況です
待つこと15分くらいでしょうか

ようやく入店しました
自販機で頼んだのが
瓶ビール2本に餃子

メインのラーメンは和風ラーメン

チャーシューラーメン

魚介とトンんこつのWスープだそうです
飲んんだ後のお腹にはしみ渡ります

少し食べては、辛子高菜と紅生姜をトッピング
全部食べてずどんと胃袋に収まった様です

この時間にいただいたラーメンは
流石に翌日応えました

でもやめられませんね
皆さん、飲みの後のラーメンは
いかがでしょうか

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)