悶絶の生ハラミをいただく至福は、心斎橋の隠れ家「URA AGURA」で決まり

広告

やってきました2回目の 「URA AGURA」
名古屋からわざわざ焼肉を食べに
友達が来るということで現地集合

心斎橋の隠れ家「URA AGURA」は
仲間だけの特別なスペースです
本当に焼肉をこよなく愛し
仲間だけが集う特別なスペースなのです

何と言っても居心地がとても良いのです
そして、オーナー夫婦のおもてなしが
いつも嬉しいんですね

何はともかく
まずは、乾杯

コースは、お任せなんです
もちろん料理をチョイスすることも
できるのですが
結局、オーナーにお任せが一番確かで
美味しくいただけるんです

初めは、キムチにナムルから

そしていつもの心の漬けです

これは、やっぱり生で食べるもの

と思いきや、名古屋からのお友達は
生肉が、苦手とのこと
しかし、ここは食わず嫌いだと断言し
何が何でも一口いただいてもらうことにすると

やっぱり私よりも食が進んでいるよね(笑)
箸が止まらない様です

ここからいきなり佳境に進みます

ハラミ

とにかく一口目は、生肉で
あとは、炙るもよし、タレでいただくもよし

ちょっとお口直しに脂のないタン
タンにも色々とタンなりに部位があり
また厚みもありだそうです

そしてお供はやはり赤ワインですね
モナストゥリ・ド・サンモン ルージュ [2010]
ミディアムからフルボディーの中間あたり
お肉との相性が良いですね

ここらで個人的には大好きなミスジを

次は、何をいただいたのか記憶が定かでなく
がっつりと炙っていただきました

ここらでもうご満悦モードでまったり

まだ出てきます

説明をよく覚えていないので
最後は、安寧いもの焼き野菜
だった様な

いつもながら悶絶の焼肉を例えるには
ボキャブラリーが少なすぎて残念です

近々、またお邪魔したいと思います

▼ 前回、利用の記事はこちらです

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)