工場のDIYやってみると結構いい感じで楽しいのち肩のこり

広告

DO IT YOUR SELF !
自分で壁のペンキ塗りをやってみました

全くの工作音痴なんですが
とにかく時間がタイトで
物の運搬やコンピューターの配線など
決めたスケジュールでことを運ばなければ
ニッチもサッチも行かない

現場の合理化のために
去年より兼ねての懸案である
事務所の引っ越しです

そこで工場の余ったフロアに
営業事務所を合体させて
物の移動や検品打ち合わせなど
とにかく移動時間なしで合理化させる

もうすでに5年以上前から
製造部門は、工場の工程管理を
製造工程において各工程で
加工伝票をスキャンさせて

今どこに発注した商品があるのか
コンピューター上で確認ができる
仕組みを作った

しかし、実際にはコンピューターで
いちいちキーボードを叩くよりも
現場がすぐ横にあれば
見て確認するのが何よりも早いし正確である

そんなことでいよいよこの10月第1週より
大阪事務所を工場へ移設します

そのために工場の空いた1フロアを
綺麗に清掃しています

そしてさしづめ事務所になる部分は
壁紙を貼るには技術が必要だしということで

ここは、壁を塗ってみることにチャレンジします

綺麗な仕事にするには
まずは、丁寧に養生することからだそうです

そして、壁塗りのペンキは、水性塗料です
なんと、市販の色を購入する方法があるものの
ロイヤルホームセンターでは
オーダー色を作れるペンキ製造機がありました

すごいですね
これならば、よく出る色は常備場所を
確保して在庫してあまりでない特色は
このマシンで作るという方法らしい

色も随分と沢山あり自分で選べます

ペンキを塗る部屋を伝えると必要な
ペンキの量も勝手に計算してもらえます

便利な世の中になりましたね

そしていざ、ペンキ塗りを始めると
これが結構楽しいものですね

一度下地塗りの後、丁寧に2度目の塗装をします

一番大変だったのが天井のペイントでした
しばらく、腰と首が痛みそうです

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)