ジョーのある町 尼崎は城下町

広告

2019年3月29日尼崎に城が再建されました
なんと約400年ぶりのコトだそうです

阪神尼崎駅の南側すぐのところにお城ができました

尼崎城の歴史

大坂夏の陣後、江戸幕府は大坂を直轄地として
西国支配の拠点とするため、元和3年(1617)、
譜代大名戸田氏鉄に尼崎城を築城させ、
大坂の西の守りとしました。

初代城主は戸田氏鉄で、安土桃山時代から
江戸時代前期にかけての武将で徳川氏の家臣

尼崎城は、翌元和4年(1618)から
現在の北城内 ・ 南城内の約300 メートル四方に、
甲子園球場の約3.5 倍にも相当する、
3重の堀、4層の天守を持つ広大な城として
数年の歳月をかけて築造されました。

幕府は一国一城令により各地の城郭を
破却する政策を推し進める一方で、
尼崎には 5 万石の大名の居城としては
大きすぎる城をあえて造らせたことなどから、
幕府がいかに尼崎を重要視していたかが
うかがわれます。

しかし、江戸時代が終わり明治時代になると、
尼崎城はその役割を終え、
明治6年(1873)に廃城が決まった後、
城の建物は取り壊され、
堀も次第に埋められていったために、
全くその面影を残していません
(尼崎市公式ホームページより)

随分と立派な城が再建されました
実は、兵庫県下で天守閣がある城は
姫路城と尼崎城の2つだけでだったそうです

かつて尼崎城下町は、裕福であった

阪神出屋敷駅の東側から大物駅西側の
広大な敷地が城下町で尼崎藩領土としては
須磨のあたりまであり酒蔵も多く築地には
漁師が住み大正時代まで魚市場が存在し
菜種や面などの商品作物の産地として
避け得ていたそうです

町おこしとしてジョーのある町

近松門左衛門ゆかりの地 ジョー緒
尼崎えびす神社 旅ジョー
BOAT RACE尼崎 ジョー熱
だんじりまつり 人ジョー
グルメ 愛ジョー
工場夜景 ジョー景
尼崎城にかけてジョーのある町だそうです

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)