嘉納治五郎翁生誕地の碑が神戸にあることにびっくりしました

広告

2019年のNHK大河ドラマ「いだてん」で
登場する人物である嘉納治五郎氏を
ご存知の方は多いことでしょう

私も何となく講道館柔道の創始者だろうくらいの事で
詳しいことについては全く不明でした

今年の大河ドラマを見ていて
来年の東京オリンピックに向けて放映されるにつき
興味深くテレビを見ていた

そのことによって嘉納治五郎氏について
その功績を知ることになる

しかし、その嘉納治五郎氏がまさか車で
通りかかった場所に
嘉納治五郎翁生誕地の碑があるなんて
まさかのまさかで驚きました

▼その碑がこちらです

調べてみると昨年12月20日に
神戸市東灘区御影本町1の菊正宗酒造で
除幕式が行われたそうです

▼その時の記事がこちらです

嘉納治五郎氏出身の嘉納家は元々
神戸御影地区における名家であった様です
調べてみると

以下はWikipediaよりの抜粋です

1870年(明治3年)、明治政府に招聘された
父に付いて上京し、東京にて書道・英語などを学んだ。

1874年(明治7年)、育英義塾(後の育英高校)に入塾。
その後、官立東京開成学校(後の東京大学)に進学。
1877年(明治10年)に東京大学に入学した。
自身の虚弱な体質から強力の者に
負けていたことを悔しく思い
非力な者でも強力なものに勝てるという柔術を学び

その後
1882年(明治15年)、下谷北稲荷町16(現・台東区東上野5丁目)
にある永昌寺の12畳の居間と7畳の書院を道場とし
囲碁・将棋から段位制を取り入れ講道館を設立した。

そのことによって講道館柔道の創始者と呼ばれる
それ以外もにも教育者として尽力をつくし
オリンピック招致にも多大なる力を発揮する

これらのことは、大河ドラマでも知られるところで
その様な偉大な嘉納治五郎氏の碑がこの地にあり
一種の感激を覚えました

東京の新国立競技場横のセンターにも
嘉納治五郎氏の銅像がある事をこちらにも書きました

今日のまいどあり⤴️

まさかのまさかに
兵庫県神戸市東灘の灘五郷の地が
嘉納治五郎氏の生誕の地だと
言うことに誇りを持ちました

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)