un peu de (アンプードゥ) は、甲南山手にあるお勧めパン屋さん

広告

un peu de (アンプードゥ) は、甲南山手にあるお勧めパン屋さんと妻に勧められて行ってみました。

外観は、このような感じのお店です。

住宅地にあるマンションの1階部分を改装したお店です。

中に入ってもこじんまりとした店内で奥に厨房があるようです。店内は、壁際に出来立てのパンが所狭しと並んでいます。

今回の目的は、料理用に使うバゲットを購入することでしたが、お昼時で小腹が減ったので2、3個調理パンも買ってみました。

お腹が減ってたまらず車の中で食べると程よいパン生地の堅さと具のしっとりとしたっ柔らかさに歯応えのある野菜の食感がとても美味しかったです。

この食べ方は、お勧めしません(笑)自宅に帰って切り分けて落ち着いて味わいながら食べるべきだと深く反省です。

他にもレモンパイとアンパンを買っていただきました。レモンパイは、レモンが皮ごと入ってサクサクとした感じです。アンパンも中身のあんがずっしりと入っていてとてもボリューミーでした。

ショーケースには、ベーグルやケーキっぽいパンなどもあるようです。

そして目的のバゲットは、今回5本購入しました。バゲットのお味は、表面が堅すぎず中身は、もっちりとした甘味があります。そのまま食べるもよし調理したトマトやお肉をのせたブルスゲッタをしていただくも良しです。

今回は、バゲットを購入するのにお店に電話予約をして伺いました。お店の方の電話の受け答えもとても丁寧でハキハキしていて気持ちがよかったです。カレーパンに後ろ髪ひかれながらの初めてのお使いでしたが、また来てみたいお店でした。

場所は、こちらです。

今日のまいどあり

un peu deの言葉の意味は、「少し」というフランス語のようです。お店のオーナーは、この「少し」にどのような意味を込めたのか?少しの・・・

気になるものです。お店の外観からは、パン屋さんだとわかりにくい佇まいでした。しかし、阪神間で長年パン屋さんとして営みを続けて行くのは並大抵のことではないと思います。何しろ美味しいパン屋さんが、天田ある地域です。そんな中でも2020年百名店に入っているのですから名実ともに充実したお店なんでしょうね。

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)