丹波篠山街あるきで初めての十割蕎麦「一休庵」でランチ

丹波篠山の豆活では、いつも野良仕事をしてくたくたになり他に何もすることがありません。しかし、今回3年目にして初めて篠山の市街地を歩いてみました。駐車場の中には、丹波黒大豆発祥の地ということで黒い豆をモチーフしたオブジェがありました。

古い城下町で趣があります。観光客もたくさん来られていました。お昼の食事を何にしようかとネットで調べて蕎麦屋さんに行くことにしました。

こちらの駐車場から目的の十割蕎麦一休庵はかなり距離がありました。歩いて10分くらいでしょうかぶらぶらと歩き目的の一休庵へ到着すると入り口まで待ち客で一杯でした。中々の人気店です。

入口の門には、大きな提灯がぶら下がりその下には、赤い帽子に赤い前掛けをしたお地蔵さんが鎮座していました。

入って、名前を書いてテーブルに案内されるまで待つこと45分でやって食事にありつきます。

頼んだ料理は、天ぷら御膳なんですが写真を撮るのを忘れました。内容は、ゆばさしみ、ごまどうふ、天ぷら、かやくごはん、つけもの、小鉢、おすいもの、三色皿そば(ゆば、おろし、とろろ)です。

もう一品が、こちらの天ざるそばの大盛です。大盛りの蕎麦は、かなりのボリュームでした。

広告

十割蕎麦というもののつなぎもしっかりして腰のある麺でした。

追加で丹波といえば猪ですからソテーを頼みました。お味は、牛と豚の中間な感じです。

お店は、1階と2階がある様です。1階のテーブルが重厚感のある大木を使ったがっちりしたものでした。

お店には、近くに専用の駐車場があります。

今日のまいどあり⤴️

今年で3年目になる黒大豆づくりです。この間5ヶ月で10回近く来ますが、一度も街歩きをしたことがありませんでした。歩いてみると風情があり見どころありで蕎麦や自然の食材が一杯あります。これからちょくちょく探索してみようと思います。

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

購入はこちら

水に濡らしても紙が破れないメモを

広告

この記事を書いた人

Avatar photo

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)