六甲山ログ25回(2020年)477回(通算)六甲山最高峰931mピストン(高座の滝動画あり)

広告

天気:曇り時々晴れ 気温:27℃

昼過ぎに今日は、芦屋の登山口まで颯爽とバイクに跨って駐車場から出発

12:25 自宅をスタート

12:40 高座の滝

今日は、滝に着く前から水の落ちる爆音がしていました。

こんなに凄い水しぶきと空気圧の高座の滝を久々に見ました。

マイナスイオンを浴びてずっとこの場所に居たい感じすらしました。

13:16 風吹岩

13:21 横池 池にたどり着くあたりから池面が相当上がって居ます。近くに見えていたハスの花がその影響で今日は遠くに見えます。

13:58 雨ヶ峠 こちら界隈は、湿地帯で雨が降り気温が上がるとこのように木にきのこがあちこちに発生します。

この後、本庄ダムを通ります。こちらのダムは、4年ほど前に完成したものです。完成する以前は、小さなダムでいつも結構な水の量が溜まっていました。しかし、ダム完成後は、あまり水をはった姿を見たことがありませんでした。今日は、この4年間で一番の水量になったのではないでしょうか。

六甲山は、激しい雨の後は、必ずと言って良いほど倒木があります。今回驚いたことに山頂寸前で崩落があったようです。

こんな荒々しい光景の後ではありましたが、一軒茶屋に着くとその横では、紫陽花の花が綺麗に咲き心を和ませてくれました。

15:16 六甲山最高峰

▲最高峰での久々の自撮り

山頂からの眺めは、雨が空気の汚れを綺麗に流してくれたのでしょう。随分と視界良好で遠くまで見ることができました。

▲中央に微かに見えるビル群は、大阪駅周辺です

こちらからピストンで帰宅は17:40 。

今日のまいどあり

梅雨の晴れ間の一日でした。思いの外、大勢の方がグループで山歩きを楽しんでいらっしゃいました。山頂では人を見かけることなく恐らく案内人が色々なルートを連れて歩いていたかと思われます。登山客のレインウェアが色鮮やかでした。

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)