食パンを美味しく保存する方法

広告

お休みの日には、いつもお決まりのパン屋さんで食パンを調達します。行くお店は、いつも決まって阪急夙川駅から50mほど東にある人気のCONCENT MARKETというパン屋さんです。

いつも人気でお客様がいっぱいなので朝の混んでいない時間を目掛けて行くか、もしくは予約をしておいて夕方に取りに行きます。

店内に並んでいるパンは、どれも美味しく特に調理パンが人気です。

今回は、こちらで買った食パンを美味しく保存する方法について書いてみました。

10年この方、こちらのお店で食パンを買っています。買ってすぐの食パンは、しっとりふわふわもっちもちで周りは、カリッとした食感に香ばしく深みのある味わいです。しかし、保存して美味しく食べる方法を知らなかったのです。

それはなぜなのか?

いつも購入したパンは、すぐに食べるのですが残ったパンをそのまま冷凍庫に保存していたからです。冷凍庫に買ってきた袋のままぽんと入れるこんな感じです。

買ってきた袋のまま保存してその都度、一枚ずつ袋から出して食べる方法で長い間食べていました。誠に残念な食べ方です。こちらを保存して美味しく食べるには、実はもうひと手間かけて保存しなければならなかったんです。それを最近になってようやく知ることができました。それがこの方法です。

買ってきたパンは、食べるものと保存するものを分けて保村する食パンは、すぐさまこのように1枚ずつラップしてもしくはジプロックに入れるなどして保湿した状態で冷凍します。

そうすることによって冷凍室で乾いて霜のついた状態にならず保存できます。そして自然解凍していただくことによって買ったばかりの美味しさをそのままいただくことができるのです。

今日のまいどあり⤴️

こんなことに気づかずに買ったばかりの美味しさでいただくことなく毎日、食パンを食べていた自分が残念過ぎますね。賢明な皆様なら知っていて当たり前なのかもわかりませんが私のように残念な人がいるとすればと思い書き留めたものです。

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)