山専用ボトルTHERMOS. VS ニトリHEATEX

広告

ニトリから史上最高保温力と銘打ってHEATEXが出た。用途は、スポーツ飲料もヒエヒエ。防災にも便利という切り口です。

機能はというと

史上最高保温力6時間後 

・500ml 84℃をキープ 重量は320g ¥2,990

・750ml 85℃ をキープ 重量は410g ¥3,490

・900ml 86℃ をキープ 重量は430g ¥3,990

保温効力と保冷効力の定義は以下の通りだそうです。

●保温効力

室温20℃±2℃の環境の中で沸騰したお湯を一杯に入れてお湯の温度が95℃±1℃になった時にフタをして6時間後にお湯を計測したときに温度を示します

●保冷効力

室温20℃±2℃の環境の中で冷水を一杯に入れ冷水の温度が4℃±1℃になった時にフタをして6時間後に計測した冷水の温度を示します。

THERMOS山専用ボトルの保温性能として6時間後では以下の通りです。

・500ml 77℃をキープ 重量は280g ¥5,500

・750ml 78℃をキープ 重量は360g ¥6,000

・900ml 80℃をキープ 重量は390g ¥6,500

ニトリのHERTEXから比べるとサーモスは、山専用と言いながら保温性能は劣るんですね。しかし、重量や機能性においては、これは単に私の主観ですが数段上です。カラーもオシャレに3種類でマットブラック、サンドベージュ、マットレッドとあり何よりもカッコ良いです。そしてコップと本体上部・下部に握りやすくラバーグリップが採用されている。そしてスリムなボディーと軽さが優れています。

それぞれの直径は約5mmほど違うこの僅か5mmの差がスタイル、握りやすさで大きく変わるのです。

今日のまいどあり⤴️

今回のニトリのHERTEXの性能は、まさにお値段以上・・・♪ですね。アウトドア用として使用できるようには作ったのでしょうが山専用ボトルとしては、一歩も二歩もそこは、THERMOSが山専用として開発されただけに持ちたいアイテムとしての軍配が上がります。

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)