「カリフォルニアランドリーカフェ」は、コインランドリーとカフェの融合

広告

コインランドリー+○○○は

ここ数年コインランドリーの新業態が目に付くようになってきましたね。従来のコインランドリー単体のお店でなくコインランドリーと○○などの融合です。例えば、クリーニング店+コインランドリー、コインランドリー+洗濯代行、コインランドリー+カフェ、コンランドリー+フットネスクラブ等々様々な業態のコラボです。

今回お邪魔したコインランドリーは、

カフェ併設のお店です。

名前は、カリフォルニアランドリーカフェです。見た感じは、コインランドリーではなく洒落たカフェです。向かって左側1/3がコインランドリーで右側2/3がカフェという構成です。今回は、日曜日のお昼前にお邪魔しましたが乾燥機に洗濯機に洗濯乾燥機ほぼ全てが稼働していました。中々の繁盛店ですね。コインランドリーの稼働率が高いと隣のカフェもランドリーの仕上がり待ち客なのかたくさんのお客様で賑わっていました。

天井も高く席と席の間も広く開放的な空間です。まさに名前の通りアメリカ西海岸のカリフォルニアのイメージですね。

今回食べたのは、オムレツとタコライスです。

コインランドリースペースは、

メタル調でスタイリッシュなエレクトロラックス製のマシンが並んでいました。

丁度お店に入った時に別のお客様が初めてきた私に操作を教えてくれました。小さなお子様を連れた若いお父さんでした。なんでも週末は、洗濯と乾燥と畳みが一気に片付くこのコインランドリーを毎週のように利用されるそうです。

私は、一番大きな乾燥機を30分300円で利用しました。バスタオル4枚にパジャマ、スポーツシャツ3枚の大容量でしたが時間内で十分に乾燥していました。

今日のまいどあり⤴️

コインランドリーは、元々洗っている間の待ち時間が厄介でした。しかし、最近のようにその待ち時間を快適な時間にするための融合が良い感じのお店が増えてきましたね。今回のカリフォルニアランドリーカフェも素敵なお店でした。京都府福知山市という地方都市の優位さか広々としたお店空間が秀逸でした。

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)